こころの夏バテにならない為のおすすめの方法|姫路市/精神科・心療内科【宮浦こころのクリニック】

電話 079-286-8899電話 079-286-8899

こころの夏バテにならない為のおすすめの方法

こころの夏バテにならない為のおすすめの方法

今年は例年以上に猛暑で、すでに体がだるくやる気がでないと感じている方も多いのではないでしょうか?
夏になると暑さでクーラーの涼しい部屋で過ごす時間が増え、さらに冷たい食べ物ばかりを取ってしまったりと体の調整やエネルギー補給が上手くいかなくなってしまいがちです。その影響で身体に不調が現れ、体調不良から気力や思考力も低下してしまう‥‥。なんてこともあるのではないでしょうか。
体力だけでなく気力まで奪われてしまう「こころの夏バテ状態」のおすすめの予防法についてお伝えしたいと思います。

1. 冷たいものばかりを摂りすぎない
冷房は外気温 ±5℃の範囲内で体に優しく。

この季節は、暑いからといって体を冷やしすぎないことが大切です。
体が冷えると血行不良や胃腸が弱ったりと身体の機能が低下してしまいます。さらに自律神経のバランスを崩し、頭痛や便秘、下痢や目の疲れ、手足の冷えなどが発生しイライラしたりやる気が出なくなったりするのです
ただ、極端に制限してしまうと熱中症などを引き起こしてしまうこともあるので要注意です。

2. バランスの良い食事を心がける
食欲の低下は心のエネルギーの低下を招きます。
バランスの良い食事、ストレス耐性を高める食材を摂るように心がけ、心身の健康維持に努めましょう。
・情緒を安定させるカルシウム   乳製品、魚
・不安、興奮を鎮めるマグネシウム   全粒粉パン、胚芽米
・疲労回復効果 ビタミンⅭ、E    ナッツ類、果物、野菜
・むくみや冷え防止 タンパク質   肉、魚、大豆製品、卵、乳製品
 
3. リラックスする時間を作る

自宅では心と身体を休めるリラックスできる時間を作りましょう。
例えば、ブルーライトの発生するスマホを見ない時間を作りましょう。
ブルーライトは人体に悪影響が出る紫外線に最も近い波長の光でもあるため、見続けると目の疲れや視力の低下、睡眠障害など様々な悪影響を引き起こすといわれています。特に寝る前にスマホを見るという行動は控えることをお勧めします。

こころの夏バテにならないためには、まずは身体の健康に心がけ、こころと身体のバランスをたもっていきましょう。

診療時間・住所

休診日 木曜日・日曜日・祝日/土曜日午後

兵庫県姫路市呉服町8 空地ビル2F

079-286-8899

JR 姫路駅 徒歩 8分
山陽本線姫路駅 徒歩8分

アクセス方法はこちら
初診の方へ 自立支援医療制度
当院の診療科目
精神科
うつ病・不眠症・自立神経失調症・心身症
神経症
パニック障害・強迫性障害・社会不安障害
心療内科
過換気症候群・過敏性腸症候群
筋緊張性頭痛・過敏性膀胱